No.455(Web版105号)3

SF essay(274回)

川瀬広保

 テレビは真夏日だと言っている。あれだけ寒かったのに、天候は変わっていく。年金は先細るから、自助を促せという新聞の見出しが躍っている。やれ非常勤だ、臨時だ、アルバイトだといろいろあるが、すべて若者向けだ。みんな歳をとるのに・・・。

 まだ、5月だというのに猛暑だ。真夏日だ。トランプ大統領の大相撲観戦で国技館の警備が大変だ。朝の山という名前も知らなかった力士が優勝して、予測がつかなかった。

 さて、SFの話題はなかなか見つからない。SFと結びつくものは天文、星、未来、過去、永遠など人間の想像力だ。現実は、仕事がうまくいかなかったり、身体が痛かったりといろいろある。そこで、人は想像をして楽しむ。それが、現実化するのだ。AIもそうだし、自動運転もそうだ。

 ハヤカワSF文庫から「伊藤典夫翻訳SF傑作選 最初の接触」が出たので、早速買ってきた。
 伊藤典夫さんに昔、会ったことがある。浜松出身だし、関心があった。その伊藤さんが訳したなつかしい作家の名前がたくさん出てくる。「最初の接触」はマレイ・ラインスターの作品で、人類が異星人と最初に遭遇して、接触したときに、どんなことになるであろうかというSF作家を刺激するテーマを扱った作品である。また、ジョン・ウィンダム、ジェイムス・ブリッシュなど、懐かしい名前が多く見られる。
 昔、矢野徹さんが日本SF界の翻訳者を評して、「浅倉神(かみ)に伊藤仏(ぼとけ)」と言ったことがあるが、その「伊藤仏」が訳したものを厳選したものが本書である。

 「最初の接触」はファースト・コンタクトテーマの傑作と言えるもので、伊藤さんの前書きによると、これをしのぐ作品はあらわれていないということである。この作品では、異星人は地球人と似ていて、性は二つあり、冗談もわかることになっているらしい。
 異星人との遭遇は、SF作家の想像力を刺激するものだ。ウェルズの「タイムマシン」の80万年後のエロイ族やモーロック族、クラークの「宇宙のランデブー」などの傑作が思い浮かぶが、われわれはいつか異星人と遭遇するのだろうか。
 相当熱心であらゆる傾向のSFを読んでいるファンならともかく、そうでないとしたら、こういう傑作集はありがたい。ゆっくりと味わいながら読むとしよう。「ボロゴーブはミムジー」も忘れないようにしよう。第3作を期待したい。

 さて、だいぶ暑くなってきた。季節は間違いなく、進む。SFを読んだり、SFについて書くのを忘れないようにしたいものだ。
(2019年 令和元年6月16日)







| | コメント (0)

No.455(Web版105号)2

今年の星雲賞(コミック部門)の候補作品についてあれこれ

by 渡辺ユリア

『ひとりぼっちの地球侵略』小川麻衣子 全15巻 ゲッサン少年サンデーコミックス 小学館・・・絵柄は割と好みであり、主人公の男の子は高1になったばかり・・という情況で読んでみると・・・テンポ良くて、すっかりコミックスの半分を読んでしまいました。家族の結びつきとか、人が人のことを気にかけている・・ちか、次はどうなるかとか気になりますね。では
            2019.6.19 yullia

| | コメント (0)

No.455(Web版105号)1

ルーナティック32号 アニメ特集について

アニメ特集ということで、今の状況を少し考えてみました。
今年の日本の映画界は大作のSFアニメが目白押しですが、それと同時に様々な昨今の動きがありました。
以前、SFマガジンでもボーカロイドの特集がありましたが、その技術の流れ、というと強引な気もしますが、バーチャルユーチューバーの隆盛というものがあります。
圧倒的な数の人間が、自分の肉体、容姿を好きな絵に変えてしまって仮想現実内の空間(というか、ディスプレイ上ですが)で他者とコミニュケーションを・・・というと某東欧SF作家の近年映画化もされた某作品を思い出します。
コングレス未来会議のタイトルで映画化されたのですが、この映画のビジュアルには特徴があって、日本人のアニメーターがほとんど参加していないように見えます。絵柄は個性的ではありますが一昔前の感性の古典的なアニメーションです。
うって変わって、日本で流行りのバーチャルユーチューバー、今風の絵柄が圧倒的に多く、コングレスとは印象がかなり違います。
状況は似ているのに、どうしてこうも違うのか?
コングレスでは自分らしく個性的に、というコンセプトで自分の絵柄が(まあ、映画ですからデザイナーが)決められているのでしょうが、バーチャルユーチューバーは、人からどう見られるか?が主眼。自分の個性の発露というより、客にどう見られるか?
したがって、思いっきり奇異なスタイルは少数となり、見栄えがいいのが優先される。
これは個性的と言えるのか?そもそも個性的とは?オリジナリティとは?
他者との差異と、他者からの好意、バランスと、インパクトと
まだ始まったばかりの文化ですが(一部でオワコンとも言われて・・)考えてみると、奥深いものがあります

もちろん、特集以外の創作、評論、翻訳等の原稿も広く募集いたします。
長い原稿を予定されている方は、事前に内容やおおよその分量を、PM編集部に連絡していただけるとありがたいです。
締め切りは来年の春、3月末くらいを考えています。来年の夏あたりの発行を目標にしています。
原稿の宛先はPM編集部かメールで
cbf06066.cap.y@nifty.com まで。・・・(ルーナティック32号編集部)

| | コメント (0)

No.454(Web版104号)3

今年の星雲賞候補作品〈コミック部門〉紹介

by 渡辺ユリア

しめきりは5月31日(必着)。
現在5月24日のため、まだ間にあうので7作品のタイトルを紹介します。

a「虚無をゆく」水上悟志
水上悟志短編集『放浪世界』収録 BLADE COMICS マッグガーデン

b「レインマン」星野之宣
全7巻 ビッグコミックス小学館

c「少女終末旅行」つくみず
全6巻 BUNCH COMICS 新潮社

d「彼方のアストラ」篠原健太
全5巻 ジャンプコミックス+ 集英社

e「マーチャンダイス」大石まさる
全3巻 ヤングキングコミックス 少年画報

f「ひとりぼっちの地球侵略」小川麻衣子
全15巻 ゲッサン少年サンデーコミックス 小学館

g「ジャバウォッキー 1914」久正人
全4巻 シリウスKC 講談社

…実は、BOOK OFFで1巻を買ったのが、「彼方のアストラ」と「ひとりぼっちの地球侵略」でした。読みました。そのあとTSUTAYAに行ったら、「彼方のアストラ」が5巻ぜんぶそろってました。全巻よみました。本をさがしていたら(TSUTAYAで)4月27日に、そこで「彼方のアストラ」がマンガ大賞を受賞したのを知りました。まだ読んだことのない方は、読んでみてください。面白いです。
              2019.5.24 yullia

| | コメント (0)

No.454(Web版104号)2

SF essay(273回)

川瀬広保

 SFマガジンの横田順彌の追悼号で、伊藤典夫、鏡明、荒俣宏とアメリカ旅行をしたときの古い話を読んでいると、ハチャメチャに面白い。あれからたぶん40年もたってしまったと歴史を感じる。

 初村さんの御父上が亡くなられたという報に接した。会に長く入っていると、訃報も多くなる。まずは健康で過ごしたいものだが、健康を保つことは難しいものだ。

 平成はいつまでも続くんだろうと思っていたら、いつのまにか令和という元号になった。元号はやめて西暦にしてしまえばいいという話もあるが、やはり日本は昔から続いている元号をやめるわけにはいかない。令和フィーバーとでもいうように日本列島が沸いた。10連休もかつてないことだった。

 さて、前回も書いたが、もう一度書いて見たい。「SFが読みたい 2019年」による各出版社の今年の出版企画によると、伊藤典夫さんの本がそのうち出ると書かれている。SFスキャナーなどを含めた膨大なものになるようだ。たとえ分厚いものになってもファンとしては、出版が実現することを強く望んでいる。伊藤典夫という名前はSFマガジンで、53号から知り始めたビッグ・ネームである。海外SFを紹介していた「SFスキャナー」はよく読んだ。いつのころからか、その連載はなくなり、その名前はSFマガジンで一年に一度見られるかどうかになってしまった。この本の出版が実現したら私は真っ先に買いたい。
 他にも、SFマガジンに限らず、埋もれている過去の名作や傑作にもう一度、日の目を見させたいものだ。このようなコラムとか、場合によっては「てれぽーと」欄もいいと思う。SFマガジンという歴史のある本邦唯一のSF雑誌に載ったものは大事にしたいものだ。

 クラークを代表するイギリス作家の描くSFには、独特の雰囲気を持つ世界が描かれている。「銀河帝国の崩壊」の最初の部分、それが「幼年期の終り」へと花開くのだが、熟成したものを持っている。ハインラインの「夏への扉」の青春賛歌の明るさとは正反対だ。もちろん、「太陽系最後の日」のラストのように、クラーク自身も認めているが、彼の作品はポジティブで明るいのだ。
 日本SFはどうか。これはまた違うと思う。日本人には大きな想像力はないのか。
 SF的発想はどこからくるのだろう。日本は小国だから、大きな発想は育たないのであろうか。いや、星新一やドラえもんは万国の人に愛され、読まれ続けている。SFのテーマは宇宙、時間、遠未来、近未来、ロボット等々たくさんあるが、そのほとんどをウェルズがすでに発想している。あれから100数十年たち、たくさんのSF作家があらわれ、数々の作品を書いた。明るい未来への展望が最近はなくなってきていて、それがSFにも影響しているのではないかと思う。明るい未来を想像すれば、未来は明るくなるであろう。
 さて、もうじき6月だ。早いものでそのうち半年過ぎる。歳をとると、現実に振り回されて、想像力というものが枯渇する。仕事のことばかり考えないで、もっとSFを読もう、再読しよう、だれも考えなかったことを考えようというのが今月の結論かな。あまり、書けなかったがまた来月。
(令和元年5月19日 2019年)






| | コメント (0)

No.454(Web版104号)1

「ラブ、デス + ロボット(LOVE,DEATH&ROBOTS)」のことなど

中嶋康年

 先月の PM にて次号の「ルナティック」はアニメ特集だと発表されたばかりで恐縮だが、 先月と今月の表紙となったアニメ作品について少々。さて、今月の表紙は NETFLIX で配信中の「ラブ、デス + ロボット(LOVE,DEATH&ROBOTS)」である。「愛 」「死」「ロボット」 をテーマにした 15 分くらいのアニメーションのアンソロジーだが、今年の SF マガジン 6 月号にも紹介されたとおり、ケン・リュウ、アレステア・レナルズ、ジョン・スコルジー、ジョー・R・ランズデールなどの原作をアニメ化したもので、各編、粒揃いの傑作。アニメとひとくちで言っても、全部がコンピュータアニメではあるが、従来のアニメ風あり、「トイストーリー」風の人形アニメあり、実写と見紛うばかりの CG ありで、まさにすべてのアニメーションの可能性の見本市。ある種、アニメの到達点のひとつといえるかもしれない。 ケン・リュウ原作作品は第 8 話「グッド・ハンティング」。第 14 話「ジーマ・ブルー」はアレステア・レナルズ原作で、ジーマ・ブルーと称される独特の「青 」を使い世界的な芸術家となったジーマ。最後の作品を発表するとして招待された評論家、ジャーナリストの前で語られた衝撃の真実、など全 18 話。
 先月号のは「どろろ」の再びのアニメ化作品で、アマゾンプライムにて配信中。現時点では最終話まで配信されていないので断言はできないが、ストーリーは一部原作にない部分も書かれているものの、かなり原作に忠実。しかし、絵柄はご覧の通り、手塚味はほとんどない。
 そのほかには、「ケムリクサ」「フェアリーゴーン」「 鬼滅の刃」などが面白い。
 hulu では、2 月号の表紙に採用した「転生したらスライムだった件」「JOJO の奇妙な冒険 黄金の風」「僕のヒーローアカデミア」「ガーリーエアフォース」などを見ている。スペインのドラマ「ロックアップ スペイン女子刑務所」がおもしろいが、こういう英語以外の ドラマシリーズは NETFLIX の方が得意で、スペイン語関係では、スペインの「ペーパーハウス」「 エリート 」「この場所からもう一度」「嵐の中で」メキシコからはアカデミー賞外国語映画賞の「ROMA」ドラマで「インゴベルナブレ」「デーモンハンター」珍しいところではコロンビアから「魔女はなかなかやめられない」がある。中国からは、クチコミですごいというので見た「流転の地球」。7 月に翻訳が出るという超話題作「三体」の劉慈欣の原作で、さすがにすごいです。ケン・リュウを始めとして、この劉慈欣や、郝景芳など、今年は中国SFが大挙して押し寄せてきます。

| | コメント (0)

No.453(Web版103号)4

はるこん 2019アフターレポート

by 渡辺ユリア

 4月13日(土)〜14日(日)に川崎市国際交流センターにて催されました。GOHは海外、ラヴィ・ティドハー氏、国内はマンガ家の久正人(ひさ まさと)氏でした。私は、13日の「ローカルコンとファンダム」の分科会に、14日は「嶋田洋一、アニメを語る」の分科会に出席しました。「ローカルコン…」のほうでは、東京創元社の小浜さん方が司会でした。ローカルコンのいろいろな話を聞きました。そしてそもそもSF大会に参加したきっかけなど…(出席者の)も貴重な話も聞けました。嶋田さんの分科会では、アニメのリストがペーパーに印さつされており、楽しかったです、
 では。        2019.yullia 4.18

| | コメント (0)

No.453(Web版103号)3

SF essay(272回)

川瀬広保

 もう5月だ。5月と言えば浜松まつり。御殿屋台の引き回し。薫風香る一番いい季節だ。SFとしては、どんな新作が書かれ、復刊されるか期待している。

 先日、ボランティアで浜松城へ行った。テキサスから来たアメリカ人が来たので、話をしたら、この浜松城へはもう何回も来ているそうだ。しかももっと詳しいことを知りたいようなことを言われた。神社、仏閣、城などの日本の文化・歴史に興味を持っている外国人が最近多くなっているようだ。具足などに興味があるらしい。日本文化をもっと世界に発信していけばいいと思った。歴史的な詳しいことを英語で理解してもらうことはなかなか難しい。
 また、逆にタイ人女性と話したときは、徳川家康は一休さんのような人ですかと言われた。一休さんはお坊さんで、思わずJapanese priestだから全く違うと答えたのだが、わかってもらえただろうか。どうやらアニメなどで伝わっているらしい。日本の歴史をもっと正しく伝えたいものだと思った。中学校の英語の教科書は日本文化を発信するのに役に立つ文章が多い。

 さて、最新のニュースによると、小惑星「リュウグウ」には水があったそうだ。水があれば、やがて生命が発生するというのは、急ぎすぎだろうか。これから生命が発生するか、すでに発生していたけれども、今はいないなどと想像力はふくらむ。

 貴景勝の勝敗に一喜一憂する。野球には関心がないが、イチローの引退のニュースで球場の観衆が全員立ち上がって、イチローを見ている画面には感動を覚えた。

 さて、ニュースによると、日本の大学で〈名前を呼んでもそっけないそぶりを見せることの多い、ネコ。実は、自分の名前と他の単語を聞き分けているとする研究結果がまとまった〉そうです。〈ただし、名前という概念を理解しているかまでは分からないということです。〉

 こうした最新ニュースに接して名前を呼んでも返事をしないときがあるのは人間でも同じ。「ご飯だよ!」と声かけられれば、お腹が空いていれば、「はーい」と返事をするでしょう。〈名前という概念を理解しているか〉は難しい。人間は本人の意思に関係なく、生まれたときに、名前を付けられ、親が呼び続けると、自分の名前というものを意識するのだ。

 うちの猫は「おいで、◯◯ちゃん」と言えばついてくるから、意識をしているように見える。しかし、用がないと思えば、名前を呼んでも、顔も見ない。

 いずれにしても、最近身近な猫についてのこれだけ興味あるニュースに接したのは珍しい。ぜひ研究し続けてほしい。
 猫と言えば、ハインラインの「夏への扉」のほとんど主人公と言ってもいい雄猫ピートがSFファンには有名だ。ハインラインは実に生き生きとこの本の中で、猫の様子を描いている。その献辞は「す べ て のaelurophile(病的に猫好き)に捧げる」とある。
 夏目漱石はまだ名前のない猫の様子を実に生き生きと描いている。名前という概念を理解しているかどうかわからないというが、きっと、いやたぶん自分の名前をわかっているのだろうと思いたい。

 「SFが読みたい 2019年」によると、伊藤典夫さんの本がそのうち出ると書かれている。〈SFスキャナー〉などを含めた膨大なものになるらしい。たとえ分厚いものになってもファンとしては、出版が実現することを望んでいる。伊藤典夫という名前はSFマガジンで古くから、私の場合、53号から知り始めたビッグ・ネームである。海外SFを紹介していた「SFスキャナー」はよく読んだ。いつのころからか、その連載はなくなり、その名前はSFマガジンで一年に一度見られるかどうかになってしまった。この本の出版が実現するよう待っている。
 ブラックホールの撮影に初めて成功したというのが、最新の大きなニュースだ。現実がSFを追い越していくように思う。SFマインド、想像力などは、忘れないようにしたいものだ。
           (2019・4・14)

| | コメント (0)

No.453(Web版103号)2

怖い話

加藤弘一

産経新聞の記事を読むと支那でもネット小説が盛んに読まれているらしく、売れっこ作家の年収は1億を超えると言われている。
一番好まれている設定は主人公が過去にタイムスリップし現代の知識を利用してのしあがっていくパターンである。
例えば、清の時代に来てしまったキム(仮名)が支那の為、アメリカ、日本、ロシアと戦う話。
キムは最大の敵アメリカを倒す為、覚醒剤を作りアメリカに蔓延させる。
こうして、アメリカは弱体化しキムは莫大な資金を手にする。
さらにキムは未来にノーベル賞を受ける科学者をピックアップして誘拐し彼の為働くよう強制し従わない者は容赦なく殺してしまう。
そして、巨大な軍隊を造りだし敵を粉砕し遂に世界を征服してしまう。

だが、ちょっと待てよ・・・・麻薬を使ったり人をさらって殺したりと、これは主人公のやることではないぞ。
敵役のやることじゃあないか?
こんな極悪非道なやり方で天下を取っても日本いや世界でも批判されこそすれ、賛辞されることはないはずである。
しかしながら、支那での評価は上々で、「スカッとした」とか好意的な意見が多かったらしい。
何かオカシイ感じの一杯の話である。

日本でも未来を変えようという話はある。
「ジパング」ではタイムスリップした自衛艦みらいがアメリカと戦うが、敵も味方も被害を最小限に止め、決して非道なことはしなかった。

支那の歴史教科書は習主席を始めとする歴代の指導者により、阿片戦争で負けた事、義和団事件、日中戦争など国民にとり屈辱的な歴史ばかり強調されている。
この為、若者の間で異民族に対する憎しみの感情が親の世代と比べると極端に増長してしまっているので、このての小説に共感を持つ者が多くなってしまっているようだ。

こういう民族主義を煽るスローガンに浸った若者たちが、将来支那社会の担い手となったとき、どんな国家となるのかとても心配である。

| | コメント (0)

No.453(Web版103号)1

ルーナティック32号の原稿募集のお知らせ

 

ルーナティック31号の発行から時間が経ってしまいましたが、2020年夏発行予定のルーナティック32号の発行に向けての準備に入りたいと思います。
「どういった特集記事が良いのか、皆様の声をお聞かせください。」 と以前、ご意見を募集したところ
「アニソン(実写も含む)をテーマに 皆さんの好きなアニメを語ろうというのはどうですか?」 というご意見をいただきました。
近年公開されたSFアニメもかなりの数の作品がありますし、次号の特集はアニメ特集にしようと思います。
星雲賞の映像メディア部門で、アニメーション作品が何度も受賞し、また国内のSF作家が関わるアニメ作品も数多く製作されています。
SFアニメと言っても、人工知能や時間、宇宙を扱った作品や、異世界ファンタジー作品まで幅広く製作されています。
また、コンピューターグラフィックスのアニメーションもすっかり定着し、テレビの科学ドキュメンタリー番組でも高度なCGアニメ多用され、映画でもCGが多用されるのが珍しくない状況になりました。アニソンも国内外のアーティストの作品が使われています。アニソンを語るのもいいですし、それ以外のアニメーションの記事、感想でも構いません。
解釈や分析をめぐり、論争をよんでいる近年の作品の感想や、過去の名作作品の記事でも構いません。皆様の原稿をお待ちしています。


もちろん、特集以外の創作、評論、翻訳等の原稿も広く募集いたします。
長い原稿を予定されている方は、事前に内容やおおよその分量を、PM編集部に連絡していただけるとありがたいです。
締め切りは来年の春、3月末くらいを考えています。来年の夏あたりの発行を目標にしています。
原稿の宛先はPM編集部かメールで
cbf06066.cap.y@nifty.com
 まで。

***************************************(ルーナティック32号編集部)

| | コメント (0)

«No.452(Web版102号)3