« No.441 (Web版91号)2 | トップページ | No.442 (Web版92号)2 »

No.442 (Web版92号)1

【ネタバレ】「アベンジャーズ インフィニティー・ウォー」のことなど

 中嶋康年

 PM先月号の表紙は映画本編を見る前に送ってしまったものだったが、映画見てからあらためて表紙を見ると絵柄は「インフィニティー・ウォー」のものではないじゃないですか。あの絵は「アベンジャーズ インフィニティー・ウォー」で画像検索してあまり画面が暗くならないなどの条件で採用したものだったが、キャプテン・アメリカはあの丸い楯は使ってないし、マスクもかぶらずにひげも生やしている。ソーもあのハンマーは前作の「バトルロイヤル」で壊されてすでになく、この「インフィニティー」にはでてこないし、髪は短髪で右目にはアイパッチをしている。どうも後から調べてみると、あれは「エイジ・オブ・ウルトロン」のもののようだ。でも、これ「インフィニティ」のチラシからとったんだけどな。チラシ製作者が間違ったということか。今月の「レディ・プレイヤー・ワン」と逆にすれば、公開はこちらのほうが1週間早かったのだからよかったのかもしれないが、「アベンジャーズ」のほうが先にできてしまったのだからしかたない。
 ついでにいうと、これはもう定着してしまっているからどうしようもないんだが、「ソー」という名前はどうにかならなかったのか思っている。北欧神話のThorを英語読みしたものだろうが、これは「トール」だろう。ハンマーにしたって「ムジョルニア」というのは実に収まりが悪い。原語ではMjöllnirと綴り、ミョルニールと読む。最近、ダイハツの「トール」という車のCMを見かけるが、これが「THOR」であり、車高が高いということで、英語の“tall”とかけてあるのもどうかとは思うが。とはいえ、原語の読みにかかわらず、自分の国の言葉で他の国の人の名前を呼ぶというのはよくあることで、いまでこそキム・デジュンとかキム・イルソンとかいうが、昔は金大中(きんだいちゅう)であり、金日成(きんにっせい)だったのである。スペインではいまだにジュール・ヴェルヌのことをJulio Verneと綴りまで変えてしまっている(原語ではJules Verne)。
 さて、映画本編は「集大成」と呼ばれている。「アベンジャーズ」とタイトルが付いているのは3作目になるのだが、それだけじゃわからない。ここに出てくるすべてのキャラクターの単独作、「アイアンマン」「キャプテン・アメリカ」「マイティーソー」はもちろん、「ドクターストレンジ」「ガーディアン・オブ・ギャラクシー」「スパイダーマン・ホームカミング」(これに関しては、ここからでもいいかも)そして、つい最近公開されたばかりの「ブラックパンサー」までを含めての集大成とたしかになっているが、海外ドラマのシーズン終わりによくあるクリフハンガーになっていて、これらを全部まとめておいて来年公開なるという「アベンジャーズ4」(題名未定)に「続く」のである。あ〜あ。しかし、これだけの要素をぶちこみながら、よく2時間40分にまとめたものだ。オープニング興行収入も「スターウォーズ フォースの覚醒」を抜いて、第1位になったというニュースも入ってきた。

|

« No.441 (Web版91号)2 | トップページ | No.442 (Web版92号)2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/553149/66887075

この記事へのトラックバック一覧です: No.442 (Web版92号)1:

« No.441 (Web版91号)2 | トップページ | No.442 (Web版92号)2 »