« No.489(Web版139号)3 | トップページ | No.490(Web版140号)1 »

No.489(Web版139号)4

 シン・ウルトラマン

 福田淳一

 「シン・ウルトラマン」を観てきた。一応期待通りの出来だった。今回は「禍威獣(カイジュウ)」や「禍特対(カトクタイ)」の様に、名称や設定を現代風にアレンジしている。ウルトラマンなどのデザインもカラータイマーを無くすなどの変更がなされた。これらは好評で、映画の興行も良さそうだ。だが、「ウルトラマン」世代の私としてはスッキリとしない部分もあった。よってここからは個人的な感想になる。「禍威獣(カイジュウ)」ではなく「怪獣」ではいけないのか。「禍特対(カトクタイ)」ではなく「科学特捜隊」ではダメなのか。自衛隊対「禍威獣(カイジュウ)」の戦いではなく、「科特隊」対「怪獣」の戦いが見たかった。せめて「禍特対(カトクタイ)」はサラリーマン風ではなく、隊服でいて欲しかった。ザラブやメフィラスの描写は良かったが、ゼットンにやり過ぎ感があった。ウルトラマンが無力過ぎて、その勝ち方にも…。
 主役級の俳優を多数使い、マニアだけでなく一般客の集客を狙う事も必要で良いが、今一つ感情移入しきれない感があった。その中で、メフィラスは良かった。
 オープニングで「ウルトラQ」と出ると思ったところが「シン・ゴジラ」を持ってきた所は、にくい。
 出現する「禍威獣(カイジュウ)」も「ゴメス」を1号に、Qやマンのファンの好みそうなセレクトも、庵野らしい、いかにもファンでなければ作れない選定と、BGMに当時のものを使用した所は、嬉しくなった。
 このような些細な違和感が、「シン・仮面ライダー」では出ない事を祈りたい。

|

« No.489(Web版139号)3 | トップページ | No.490(Web版140号)1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« No.489(Web版139号)3 | トップページ | No.490(Web版140号)1 »