« No.491(Web版141号)2 | トップページ | No.491(Web版141号)4 »

No.491(Web版141号)3

 高橋和希氏のこと

 加藤弘一

かつて少年ジャンプで遊☆戯☆王を連載していた高橋和希氏が沖縄でダイビング中に亡くなった。
聞いた話ではあるが、ダイビング中はボンベの酸素を常にチェックしながら行動する訳だが、余りにも美しい光景を観ているとついそれを忘れてしまうらしい。
某ヤマトのプロデューサーのように漫画に従事した人は海で亡くなるのだろうか。
高橋和希氏は漫画もヒットしたが、其の中で主人公達が行っていたカードゲームが売り出されると、海外でも公式ゲーム大会が開かれる程爆発的にヒットした。
他の漫画も続けとばかりにカードゲームが売り出されたが、そうはイカの◯◯◯◯だった。
遊戯王カードゲームは自分のカードの山から5枚手札に持ち、手札の中のモンスターや魔法、トラップカードなどを状況に応じて場に出して相手とバトルするもので、良くできていた。
写真(印刷版PM参照)は5枚手札に揃うと神が降臨して勝ちが確定するエクゾディオス、他は主人公遊戯の所有しているカードの数々で、絵柄もなかなか楽しめるようになっている。
写真2枚目の中央上のブラックマジシャンは遊戯の主力カードで、魔法カードとのコンボで勝利を呼ぶカードのひとつである。
高橋和希氏が亡くなった事で、追悼のカード大会が行われるかも知れない。
しかし、今は新カードや新しいルールが多数登場しているので、古いカードでは太刀打ち出来ないだろう。

|

« No.491(Web版141号)2 | トップページ | No.491(Web版141号)4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« No.491(Web版141号)2 | トップページ | No.491(Web版141号)4 »