« No.508(Web版158号)3 | トップページ | No.509(Web版159号)2 »

No.509(Web版159号)1

 TV番組 “カズレーザーと学ぶ2024年ガチで良い顔になる最新科学 ”についてあれこれ

 by 渡辺 ユリア

 皆様、寒中おみまい申し上げます。この番組は今年の1月16日に放送されました。MCはカズレーザーと日テレアナウンサーの岩田絵里奈さん。そして受講者は武藤十夢さん、こがけんさん、斉藤慎二さん、橋本 愛さん。講師は聖マリアンナ医科大学客員教授の奥田逸子医師【放射線診断専門医師】そしてこの方は加齢画像研究所の方です。それはCTやMRIを使って顔のタルミなどを研究している所だそうです。
 では今回のテーマは最新科学で判明。顔を激変させる筋肉スペシャル ①2021年に発見されたコロノイド筋について ②鳥肌が肌のハリを保つ!?1mmの極少筋肉立毛筋について・・です。まず①のほうですが顔には30種類以上の表情筋があります。特に眼のまわりの眼輪筋が衰えるとしっかり瞼を閉じる事が出来なくて、ドライアイの原因になるそうです。スマホや電子書籍の使いすぎかもしれません。そのためトレーニングがあります。
① 口を閉じてほほえむように口角を上げる ② 眼に力を入れて5秒キープ ③ 5秒たったらパッと力を抜いて眼を開く・・これを1セット5回で週に2回で良いそうです。
 次に額のしわあたりは眼瞼挙筋と言います。この筋肉を活性化するトレーニングです。① 額に手をのせる ②額に力を入れないで眼を開閉する【瞼の力だけで眼をあけしめする】これも1セット5回で週2〜3回
 次に顎の脂肪【隠れたるみとも言います】を減らすために広頚筋を鍛えます。① 顔を真上に向け「ウー」5秒間 ② 口を横に「イー」5秒間 これを1セット5回 週2〜3回です。
 そしてほうれい線を薄くする大頬骨筋トレーニングです。① 口を閉じて口角を上げる ② 全力で笑顔をつくり5秒キープ ③ 脱力し口を閉じる 1セット5回 週2〜3回 そして歌を歌うと良いらしいです。
 コロノイド筋のトレーニングです。 ① 顎に親指を添え、押し上げる ② 下顎のみで、口を開け5秒キープ 1セット5回 毎日おこなう
 この辺で失礼します。 “鳥肌が肌のハリを保つ!? 1mmの極小筋肉” について・・は次のPMで書かせて頂きます。では
                        2024.1.24 yullia

|

« No.508(Web版158号)3 | トップページ | No.509(Web版159号)2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« No.508(Web版158号)3 | トップページ | No.509(Web版159号)2 »